ファントム オブ キル

奪還せよ-とりもどせ-

プロローグ

厄災が起きた。
大樹ユグドラシルが消失し、
世界には“大穴”が空いた。

種族の平準化が進み、
天使の力に縋る者、
悪魔の力に心奪われる者、
幻獣の力を羨む者、
そして、人で生き続けようと進化を拒む者。

度重なる天変地異に人類は翻弄され、
苦難の環境に適応するために、
人は人でなくなり国家が形成されていった。

かつて人々を混沌の世界から救い、
伝説の武具を携えし女神達は、

今や霊装支配<ギアハック>によって、
意思と意志を支配され、
各国の軍事兵器として使役されている。

ティザームービー

  • ハルモニア教皇国-徹底した階級による潔癖な管理社会-

    天使を取り入れた人々が暮らす国、ハルモニア教皇国。徹底した階級制度を敷いており、数値化された社会貢献度により役職や立場が決められている。他者への慈愛といった人間性も数値として考慮される、潔癖的な管理社会。管理されていないものは“悪”であり、全世界を管理することが国家目標のため、他国への侵略も容易かつ無慈悲に行う。

  • ケイオスリオン帝国-実力至上主義の中央集権体制社会-

    悪魔を取り入れた人々が暮らす国、ケイオスリオン帝国。王家が最も強いという意味では中央集権的だが、実力至上主義であり、各領主の裁量が大きい。他の種族のことは基本的に無関心で、危害が加えられない限り相手にしないが、欲しいと思う斬ル姫が他種族にいる場合は平然と強奪に出る領主も多い。

  • トライセーマ共和国-委員会を再考議決期間とした共和国制社会-

    幻獣を取り入れた人々が暮らす国、トレイセーマ共和国。選挙で選ばれた13人の主導者により運営される、自然共生委員会を最高議決機関とした共和制が敷かれ、多様な種族をまとめるための方策として極端な“公平”主義を取る国家。表向きの情勢は穏やかであるが、力による反抗を徹底して排除した歪な形で国家は安定している。

アルマス
アルマス 妖精結合・ティターニア

礼装支配-ギアハック-

キル姫たちは天使、悪魔、幻獣の力を取り込まれ
「人間」に使役されている。

意思と意志を支配された彼女たちは、
各国で軍事兵器として運用される存在である。

“少女は待つ。君の神の一手を”
国内400万ダウンロード突破!『ファントム オブ キル』は、“戦略性×ドラマ”をコンセプトにしたシミュレーションRPGです。伝説の武器の名を持つ謎の少女たちとのドラマティックなストーリー、多彩なジョブ&スキルと奥深いユニット育成、そして豪華声優陣のボイスと迫力の3Dバトル演出が楽しめます。スマートフォンで楽しめる本格シミュレーションRPGの真髄がここに。

OFFICIAL WEBSITE
Google Play で手に入れよう App Storeからダウンロード